生活費が足らない

お金を稼いでがんばるぞ!

生活費が足らない

読了までの目安時間:約 3分

 

カードローンやキャシングは最終手段です。
まず最初に考えるべきことは、貯蓄があるかです。
これを切り崩して生活費に当てる、という選択肢です。
貯蓄は将来、何かあったときのために残しておきたい。
そんな風に考えている人が一定層います。

 

もしかしたら、あなたもそう考えているかもしれません。
ちょっとした生活費が足りないだけなら、「カードローンやキャッシングで何とかしよう」という決断をとる人がいるわけです。

借りるならこちらがおすすめ↓

http://xn--n8jyd6dy56ntmeyw0b8sls59b12b.com/

 

このような選択は一見、計画的に見えるであろう作戦だと思う人もいるかもしれませんが、結論から言うと、これは間違いです。

なぜなら、カードローンやキャッシングはどうしても利息が発生するサービスであるということです。

 

定期預金をしている人であっても、カードローンやキャッシングをしてまでお金を借りるのであれば、一旦預金を崩して生活費に当てるのが適切だと思われます。
ただ、定期預金を一度崩して生活費に充てたとき、もし予想よりも使用額が抑えられたときは、使用しなかった分をもう一度定期預金に預けるのが良いでしょう。

 

これは、満期の保険等の返戻金を銀行に寝かせている場合も同様です。

この一連の流れを見てみると、面倒くさく感じてしまう人もいるかもしれませんが、その面倒くさいのがいいのです。
今まで足りていた生活費が、急に足りなくなったのであれば、それはすでに緊急事態です。
こうしてカードローンやキャッシングしないような工夫をすることで、「なぜこのような事態に陥ってしまったのか?」、ということを改めて考えるきっかけにもなります。

貯蓄がない場合は最悪の選択ですが、カードローンやキャッシングで借金するしかありません。
その場合でも生活の見直しは必要です。
借りた金額を返済してから次をかりましょう。

 

タグ :

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る