信用情報機関

カードローンなどを利用する際、利用者が本当に返済できるのかという問題があるため「審査」を行います。その審査に必要不可欠な存在が「信用情報機関」です。日本には、JICC(日本信用情報機構)・CIC・KSC(全国銀行個人信用情報センター)があります。

例えば、ローンを組んでいるときに今月分の支払いを延滞してしまうと、信用情報に関わってきます。さらに延滞が何度も続いてしまったり、いつまでも返済できない場合ブラックリストへ入れられてしまい、ローン契約やクレジットカード契約などができなくなります。これらのローンは必ず3つの何れかの信用情報機関に登録されます。

ローンなどを利用するときは、必ず延滞はしないように心がけましょう。延滞を行うと約5年もの間、信用情報機関にその記録が残ってしまいます。

さて、自分自身の信用情報がどのように登録されているかはやはり気になってしまうものですよね。上記の機関には「情報開示」という制度が設けられており、登録情報の確認ができます。とはいえローンは、ブラック入りしないよう、計画的に利用したいものですね。僕は友達に借りて信用をなくすくらいなら、カードローン会社で借りるほうを選びます(お金借りる友達

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です